忍者ブログ

「RSV4 FACTORY」の詳細記事:~Never too late #42~

~Never too late #42~

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RSV4 FACTORY


でましたね~~!!

今自分が欲しいリッターバイク・・・カッコイイ!!!

詳細読んだけど・・・すげぇ~~

でも一般人にそこまでの機能いる??

アプリリア RSV4 FACTORY(999cc 65°V4エンジン搭載)
市販SS最速をコンセプトに開発された、アプリリアのフラッグ
新車車両価格 ¥2.380.000-
 
アプリリア RSV4 FACTORY
全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm) 2050mm/715mm/1165mm
軸間距離(mm) 1424mm
シート高(mm) mm
最低地上高(mm) ---
乾燥重量/装備重量(kg) 179kg/195kg
燃費
最小回転半径(m) ---
エンジン種類 4ストローク65°V型4気筒 16バルブ DOHC
ボア×ストローク 78mm×52.3mm
冷却方式 水冷
クラッチ形式 湿式多板クラッチ&スリッパーシステム
潤滑方式 ウェットサンプ式 (OILクーラー)
トランスミッション 6速カセットミッション
総排気量(cm3) 998.9cm3
気筒数配列 65°V型4気筒
最高出力(kW/r/min) 180ps(132kw)/12.500rpm(フルパワー)
78kW(106HP)/7,000rpm(日本仕様)
最大トルク(N・m/r/min) 115Nm/10000rpm(フルパワー)
96Nm(9.8kgm)/7,000rpm(日本仕様)
圧縮比 12.8:1
吸気方式 「ライド・バイ・ワイヤー」マルチマップ電子制御スロットル・インジェクションシステム(8インジェクター)
エアーボックス 可変式吸気システム・エアロダイナミック・サイドインテーク式ラムエアーBOX
点火方式 CDI
始動方式
セルフスターター方式
燃料タンク容量(L) 17L
オイルタンク容量(L)
ヘッドライト 3灯式
バッテリー容量/形式
タイヤサイズ
フロントタイヤ 120/70 ZR17
リアタイヤ    190/55 ZR17
ホイールサイズ フロント:アルミニウム 3.50×17
リア  :アルミニウム  6.00×17
懸架方式前・後 フロント Ohlins φ43 mm フルアジャスタブル倒立フォーク
+Ohlinsアジャスタブルステアリングダンパー

リア  Ohlins アルミニウムフルアジャスタブルモノショック
制動装置 前・後 前 Brembo φ320 mm ダブルディスク・ラジアルマスターシリンダー+モノブロック・ラジアル4ポットキャリパー

後 Brembo φ220 mm ディスク 2ポットフローティングキャリパー &リザーバータンク一体式マスターシリンダー
乗車定員(名) 1名
ボディーカラー
最高速(km/h)
メーカー国籍 イタリア
保証期間 2年予定

拍手[0回]

PR

Navigation

「RSV4 FACTORY」へのコメント

  • 1.
  • 送り狼:
  • 2009/11/01
  • 14:28:19
  • 編集
値段見た時点でびっくり・・・
買ったら乗らせてね(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
確かに・・・
>買ったら乗らせてね(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
自分は多分日本一遠い位置にいますよ(笑)
  • 2.
  • ぎんじ:
  • 2009/11/02
  • 17:45:19
  • 編集
現物を見てきてしまった・・・

我慢できないかも
いっちゃいましょう!!
で!R1000を譲ってください(笑)

「RSV4 FACTORY」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  ~Never too late #42~  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

今お気に入り!!

Twitter

KOJI_42をフォローしましょう

Facebook

Koji Nonaka

バナーを作成

カレンダー

カウントダウンメーカー

プロフィール

HN:
NONAKA KOJI
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/30
職業:
お花屋さん
趣味:
バスケットボール&釣り
自己紹介:
学生時代は野球・バスケなどスポーツを中心に活躍するが大学にて怪我などの理由により

引退を決意・・・

そんな時、TVで見た鈴鹿8耐に感動を覚え23歳を過ぎた素人がロードレースの世界へ・・・

2012年度より国際ライダーとして日本最高峰の二輪レースである全日本ロードレース選手権へ・・・

そしていつかぁ・・・
         鈴鹿8耐へ。

リンク

カテゴリー

最新記事

(01/06)
(12/26)
(12/10)
(12/08)
(12/05)

アーカイブ

最新コメント

[06/21 拓]
[05/16 ひろぽん]
[04/24 ひろぽん]
[04/15 ひろぽん]
[04/15 ♯72]

ブログ内検索

カウンター

ビジター

バーコード